【9-0】やきもの

【陶磁器】ニュース 景徳鎮:陶磁器企業は現在5000社強

2013年1月21日 陶磁器生産地として世界的に有名な、中国江西省の景徳鎮市が、同市の陶磁器産業発展状況について説明を行った。 報告によると、現在景徳鎮市の陶磁器企業は5000社に達し、総職員数は10万人を突破してい

【陶磁器】ニュース 伝統の織部、現代風に 可児の奥村さんが東京で作品展

2013年 1月19日 可児市の陶芸家奥村壽春さん(64)が、東京都内の画廊で「陶二人展」を開いている。20日まで。 出展しているのは、奥村さんと奈良県の陶芸家杉瀬公美さん。二人はともに1949年生まれで、奥

【陶磁器】ニュース 割れた陶器に新たな命 埼玉・本庄に「焼継屋」

2013年 1月19日 割れたり欠けたりした陶器をよみがえらせる「焼継屋(やきつぎや)」が18日、本庄市千代田4丁目のカフェ「NINOKURA(二の蔵)」に現れた。22日まで。 陶器が貴重品だった時代、割れた

【陶磁器】ニュース 瀬戸焼で「ひな人形」 瀬戸蔵で展示

2013年 1月18日 瀬戸市蔵所町の瀬戸蔵ミュージアムに、瀬戸焼の茶わんや皿などを配置してひな人形を描いた「地上絵」が出現し、来館者の目を楽しませている。 地上絵は縦約3・6メートル、横約4・5メートルの布

【陶磁器】ニュース 「話題探求」 東海産地の陶磁器商社、「消費者好み」知恵絞る 名古屋テーブルトップショーで漆器とセットや和洋両用

2013年 1月17日 瀬戸や東濃をはじめ、全国の陶磁器商社が集う第39回名古屋テーブルトップショーが17日まで、名古屋市内で開催されている。海外の廉価製品との価格競争が激化するなか、各社とも消費者の嗜好(しこ

『用語』 一閑人【いっかじん】

『用語』 一閑人【いっかじん】

2013年 1月17日 皿、鉢、盃などの口造りの一端に人形がついているもののことをいいます。 閑人【かんじん】が井戸を覗いているようなのでこの名がついています。 中国明時代(1368~1644年)の青磁や染付

『用語』 【いっちん】

『用語』 【いっちん】

2013年 1月 16日   泥漿【でいしょう】や釉薬【ゆうやく】によって盛り上げの線文を表す装飾技法です。 口金のついた筒に白泥を入れて絞り出しながら素地に文様を描き出します。        

【陶磁器】ニュース 「古九谷は加賀産」DVD、有力な有田説に対抗

2013年 1月13日 石川県加賀市は、古九谷の産地論争を紹介するDVD「古九谷の謎~最高峰アートの神秘に出会う旅~加賀温泉郷」を制作した。 学界で有力な「古九谷は肥前の有田(伊万里)産説」に対する「古九谷加

【陶磁器】ニュース 全国大陶器市に20万点集結 岡山の吉備津彦神社

2013年 1月13日 有田に萩、信楽…。有名産地の陶器約20万点を一堂に集め、格安で販売する「岡山全国大陶器市」(全国大陶器市振興会主催)が12日、岡山市北区一宮の吉備津彦神社で始まった。20日まで。 全国

【陶磁器】ニュース 11日まで新作展示 有田焼など窯元80社

2013年01月11日 有田焼などの新春新作展示会が10日、有田町の?(ほのお)の博記念堂をメーン会場に、伊万里、武雄市を加えた窯元展示場など19会場で始まった。11日まで。 肥前陶磁器商工協同組合(商社・窯元

【陶磁器】ニュース 陶磁器:新春見本市、きょうまで 明るい色彩の製品目立つ−−瑞浪、土岐、多治見 /岐阜

2013年 1月 9日 瑞浪、土岐、多治見の3市で8日、陶磁器の新春見本市が始まった。景気回復を求める生産者の意気込みが表れたような明るい色彩の製品が目立ち、バイヤーが熱心に見入っていた。9日まで。 瑞浪市総

【陶磁器】ニュース イタリアの高級磁器、ジノリが破産 金融危機が追い打ち

2013年 1月 8日 【ジュネーブ=原克彦】高級食器で知られるイタリアの磁器メーカー、リチャードジノリは7日、フィレンツェの裁判所から破産宣告を受けた。巨額の負債を抱えて2007年から経営再建に取り組んでいたが、

【陶磁器】ニュース 万古焼:じばさん三重で福袋販売−−四日市 /三重

2013年01月06日 四日市市安島の「じばさん三重」1階の名品館で、万古焼の商品を詰めた恒例の「新春福袋フェア」が開かれている。 福袋は、萬古陶磁器卸商業協同組合に加盟する6社が1000円(3000円相当)

【陶磁器】ニュース 宝光堂 有田の陶磁器販売業、民事再生手続き

2012年12月22日 有田町の陶磁器販売業「宝光堂」(藤本昌紀社長)が民事再生手続きを佐賀地裁武雄支部に申し立てた。民間信用調査機関の東京商工リサーチ佐賀支店によると、負債総額は5月期決算ベースで約5億円が見

【陶磁器】ニュース 秋の有田陶磁器まつり:過去最高13万5000人 /佐賀

2012年12月21日 第8回秋の有田陶磁器まつり(11月22〜26日)は過去最高の13万5000人が訪れたと有田観光協会が発表した。昨年比23%の大幅増で、これまで最高だった08年の13万人より5000人多か

『用語』 貫入【かんにゅう】

2012年10月25日   貫入【かんにゅう】とは、焼成後の冷却時に陶土と釉薬の収縮率の差によって生じる釉薬の細かいヒビ状のもので、人為的にできたヒビ・キズではありません。 貫入はどうしてできるのか 陶器や磁

「上古大椿なるもの有り、八千歳を以て春と為し、八千歳を以て秋と為す」

「上古大椿なるもの有り、八千歳を以て春と為し、八千歳を以て秋と為す」

2012年10月18日 「上古大椿なるもの有り、八千歳を以て春と為し、八千歳を以て秋と為す」 中國の古典「荘子」内篇・逍遥遊より 大昔には、大椿という木があった。八千年の間が春で、八千年の間が秋だというものだ。

【店長ブログ】美味しい時間♪

【店長ブログ】美味しい時間♪

2012年10月17日 先日ちょっとしたイベントがあり、家族で外食しました。 『梅の花』という湯葉と豆腐料理のお店です。 奈良には2年ほど前にできたそうですが、近畿圏にけっこうあるみたいです。(知らなかった〜 ^^

【清水焼ブログ】 梅の器

【清水焼ブログ】 梅の器

2012年10月17日 「梅」は厳冬に咲く事から、激しい状況でも笑顔を絶やさない人、高潔と上品を 表します。 また梅の実は、やがて落ちて芽を出す事から、 生命のしるしとされています。 奈良時代から祝儀や縁起物

【清水焼ブログ】 瓢箪の器

【清水焼ブログ】 瓢箪の器

2012年10月15日 ひょうたんの花言葉は、繁栄・利得・夢・円満。 末広がりの形をしたひょうたんは、古来よりとても縁起の良いものとされ、除災招福のお守りや魔除けとして広く用いられてきました。   1:ひょ