【陶磁器】ニュース 陶器とグルメで益子PR…26、27日イベント初開催


2013年01月23日

観光客が減る冬の益子町に活気をもたらそうと、「栃木グルメ祭り&益子陶器市」(実行委員会主催)が26、27の両日、町内の益子焼窯元共販センター駐車場で初開催される。「茂木ゆず塩ラーメン」やB級グルメ「なみえ焼そば」など約20軒の屋台が出店する。

けんちん汁と焼き鳥3本(各500円)の屋台では、使い捨ての器ではなく、益子焼のどんぶりと皿で提供され、客は使ったどんぶりと皿をそのまま持ち帰れる。ぐい飲み(500円)を買えば、地酒の試飲もできる。

ほかにも、宇都宮のギョーザ、鹿沼にら焼きそば、高根沢ちゃんぽん、ライスコロッケの「ましこ揚げ」などの地元グルメが集まる。特設コーナーでは、益子焼3個1000円、50%オフなどの特売も行われる。

秋と春の陶器市の合間にも観光客を呼び込もうと、町観光協会や町商工会の協力を得て初めて実施する。

時間は午前11時~午後3時。問い合わせは益子焼窯元共販センター(0285・72・4444)。<読売新聞>