【陶磁器】ニュース 秋の有田陶磁器まつり:過去最高13万5000人 /佐賀


2012年12月21日

第8回秋の有田陶磁器まつり(11月22〜26日)は過去最高の13万5000人が訪れたと有田観光協会が発表した。昨年比23%の大幅増で、これまで最高だった08年の13万人より5000人多かった。

同協会は人気の理由として(1)紅葉の美しい泉山の磁石場を初公開した(2)同時開催のちゃわん祭り(有田焼卸団地)も盛況で相乗効果があった(3)九州とり肉グランプリやアリタマルシェなどの多彩なイベントを展開した(4)県内と福岡県への情報発信が功を奏した−−などを挙げている。

協会は「今年は散策する人の姿が目立ち、各店舗の売り上げも伸びたと聞いている。今後は駐車場をはじめ休憩所やカフェをさらに整備し、快適なまつり空間を創出したい」と話している。【渡部正隆】<毎日新聞>