「上古大椿なるもの有り、八千歳を以て春と為し、八千歳を以て秋と為す」


2012年10月18日

「上古大椿なるもの有り、八千歳を以て春と為し、八千歳を以て秋と為す」

中國の古典「荘子」内篇・逍遥遊より

大昔には、大椿という木があった。八千年の間が春で、八千年の間が秋だというものだ。

「上古大椿なるもの有り、八千歳を以て春と為し、八千歳を以て秋と為す」

後世、この一節から【椿寿】《ちんじゅ》という言葉が生まれ、 人が長生きすること、長寿の象徴とされてきました。

椿の花言葉は一般に「ひかえめな美点」 白は「至上の愛らしさ」 赤は「気取らない美しさ」

華やかさと清潔感のある花【椿】 縁起の良い花として多数のファンを増やし 続けています。

 

【特集】椿の器