『用語』 釉薬【ゆうやく】


2012年 10月 6日

 

釉薬(ゆうやく、うわぐすり、釉、上薬)とは、やきものの表面にかかっているガラス質の部分です。陶磁器などを製作する際、釉薬を掛けて焼くことによって様々な色を出したり、水が漏らないようにしたり、汚れが付きにくくなったりします。一般に粘土や灰などを水に懸濁させた、ペンキのようなドロッとした液体が用いられます。

青磁【せいじ】

織部釉【おりべゆう】

白磁【はくじ】

志野釉【しのゆう】

辰砂釉【しんしゃゆう】

鉄釉【てつぐすり】【てつゆう】

灰釉【はいぐすり】【かいゆう】

 

 

Tags: