『管理人ブログ』 【虹】を見て頭に浮かんだもの


2012年9月17日

 

本日久しぶりに【虹】を見ました。

虹について頭に浮かんだもの

残念ながら撮影できませんでした。
【画像はゆんフリー写真素材集からお借りしました】

 

・【虹】を見て思い浮かんだものその1 『虹の橋というおはなし

亡くなったペットの魂が、虹の橋のたもとにある一面に緑の草原が広がる楽園に行き、そこで元の飼い主を待っている。そして飼い主が世を去った日、この場所でペットと人々は再会し、虹の橋を共にわたって、天国へと入って行くというおはなし。

 

動物を飼われている人はご存知かもしれません。

 

---------------------

この世を去ったペットたちは、天国の手前の緑の草原に行く。食べ物も水も用意された暖かい場所で、老いや病気から回復した元気な体で仲間と楽しく遊び回る。しかしたった一つ気がかりなのが、残してきた大好きな飼い主のことである。

一匹のペットの目に、草原に向かってくる人影が映る。懐かしいその姿を認めるなり、そのペットは喜びにうち震え、仲間から離れて全力で駆けていきその人に飛びついて顔中にキスをする。

死んでしまった飼い主は、こうしてペットと再会し、一緒に虹の橋を渡っていく。

ウィキペディアから引用

---------------------

 

・【虹】を見て思い浮かんだものその2 『レインボー王子』

子供が必ず通る道!? 『それいけ!アンパンマン』のキャラクター レインボー王子です。

レインボー王子…虹の国の王子。虹の子たちと一緒に7色の美しい虹を作っている。

 

 

あなたは【虹】を見て頭に浮かんだものは何でしたか?

同じものを見ても、聞いても、人それぞれ受けとめ方が違いますね。

人はそれぞれ育った環境や状況が違うので、自分が今まで常識だと思っていたことでも、相手によってはその常識に違いがあります。

 

『言わなくてもわかる』 と思うことでもひとつひとつ言葉にして確認してみるのも大事なことですね。