『店長ブログ』 食欲の秋


2012年09月08日

暑過ぎた夏もようやく一区切りの気配を感じられるようになってきましたね。

私が住んでいるところは、ちょうど京都と奈良の県境にあり、山の中です。
そのせいか、秋の足音が街中よりは少しばかり早目に聞こえてまいります。
近所の田んぼでは稲穂が黄金色になり、頭を垂れはじめました。

さあ❗間もなく『食欲の秋』のはじまりです\(^o^)/
秋は美味しい食べ物がいっぱいありますよね〜♫

長い秋刀魚の塩焼きを待ち望んでいる長皿さん。
出番はもうすぐですよ〜。

稲刈りされたばかりの新米炊きたてご飯さんは、お気に入りのお茶碗でお出迎えさせていただきます!

お天道様の恩恵を一身に受けたナスビさん(ナスビと言うのは関西だけ?)。
焼いて良し、揚げて良し、炊いても炒めても良し、お漬け物なら更に良し♪
そんな、『ナスがまま』のナスビさんにピッタリ!お皿や小鉢クンたちも貴方様をお待ち兼ねですよ〜。
実りの秋ー。

秋の美味しい食べ物をより一層美味しく引き立ててくれる『器』。
日本人が食事を楽しむ上で昔から大切にしてきた『目でも美味しい』考え方は、作り手から召し上がる方ヘ向けてのおもてなしの心であり、誇るべき日本の文化です。
そんな、人が人を想う気持ちから、日本の『器』はこんなにも美しく作られ発展したのではないでしょうか。

私も、先人たちの教えを大切にして、間もなく始まる『食欲の秋』をさらに盛り上げてくれる『器』たちと一緒に、秋を満喫したいと思っております(^ ^)